ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図

wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> アルファ・ロメオの修理例紹介 >> ●アルファ・ロメオ・7
 
 
Alfa Romeo 164 
 アルファロメオ 164 のボンネットの劣化の修理。
 塗装のクリアの層が劣化して、日焼けした肌が剥がれる
 ように剥離していました。
 ここまで劣化してしまうと、上から色を塗り重ねるだけでは
 修正できません。鉄板まで塗装を剥がして、下地からやり
 直すことになります。
グリルなどのボンネットの付属物は、
外してから作業しました。
 剥離剤で、悪くなった塗装を剥がしたところ。

 この後、金属処理剤で洗浄し、プライマー塗装、サフェーサー塗装
 歪みをとって、さらにサフェーサー塗装、それを平滑に研磨して、
 赤の塗装に入ります。
 突然ですが、完成画像です。
 この週は猛烈に忙しくて、途中画像を撮り損ねて
 しまいました。。。
 洗車も終わり、お客様にお渡しする前の画像です。

 いつの時代のでも「アルファ」には
 イタリア車のいい雰囲気がありますね。





HOME   | 
Contact us





有限会社 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright c 1998〜2013
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.