ホーム__|__修理実績__|__Q&A__|__和光自動車の評判__|__案内地図
 
wako-car.co.jp

ホーム >> このような車を直しています >> スバル(SUBARU)の修理例の紹介 >> ●スバル・4
 
 
SUBARU LEGACY GT (BP) 

 スバル・レガシー・GT の雹による凹み修理。
 ほぼ全塗装に近いような作業になりました。
 黄色と緑のテープが貼られている箇所に
 雹による凹みがありました。
 黄色いものは、凹みにつけたパテです。
 この後、熱による強制乾燥を行い、さらに外の
 駐車場にこの状態で出して、炎天下で数日間
 乾燥させました。
 (この修理を行ったのは8月でした)

 ルーフレールは外してから作業しています。
 サフェーサー塗装前に、各付属物を
 外しているところ。
 ボンネットの裏のインシュレーター(サイレンサー)は
 かなり劣化していたので新品に交換しました。
 下は、フェンダーのヘッドライト際のマスキング位置
 を確保するのにヘッドライトを外しているところです。
 外しておけば、ヘッドライトの取り付け状態では
 見えなくなる奥の部分でマスキングができます。
 ボンネットパネルはアルミ製ということもあり、
 新品に交換しました。
 新品の部品はこうした黒色の下地が塗られて
 います。
 左は、その黒色の下地を平滑に研磨した
 ところです。
 それぞれのパネルにサフェサーを塗ったところ。
 ルーフに関しては、全面にサフェサーを塗りました。
 乾燥の終わったサフェサーを平滑に研磨して
 いきます。
 
 この段階では、古いボンネットは着けたままで
 作業しています。
 (エンジンルームに埃が入るのを防ぐため)
 新品ボンネットに塗装したサフェサーを平滑に
 研磨したところ。
 黒色の下地の上からそのまま色を塗っても
 問題無いのですがより良い仕上げにするために、
 今回はサフェーサーを全体にペイントしました。
 
 塗装前のマスキングが完了した側面パネル。
 今回、より良い仕上げにするために、屋根とボンネットは
 別の日に塗りました。
 画像のように、側面パネルを塗る段階では、
 屋根側は隠して色が掛からないようにしてあります。
 それぞれの塗装前の状態。
 今回は、ドアモール、ボンネットのエアダクトなども
 色味を同じにするために塗装しています。

 塗装の終わったパネルを、
 鏡面仕上げのバフで磨いていきます。
 
 下の部品はボンネットのエアダクトになります。
 (色味を同じにするために塗っています)
 外していた各部品を取り付けして完成。
 なんとか無事にまとまりました。
 今回の雹による凹みですが、6月の終わりくらいに
 荒川区、足立区周辺で降った雹によって
 凹んでしまったそうです。
 もちろん、この工場周辺にも降りました。小さい雹が
 ほとんどでしたが、場所によってはかなり大きなヒョウが
 降ったようで、工場の近くでも、今回のように凹んで
 しまった車もあったようです・・・。




HOME      |    
Contact us




(有) 和光自動車鈑金
〒116-0011 東京都荒川区西尾久5-23-6 荒川遊園通り
tel(03)3800-7005 fax(03)3800-4054


_W_ ~a~ ..k.. ~o~ - _C_ ~a~ ..r..
T o k y ~o~ - - -

Copyright © 1998〜2013
Wako Car Tokyo Allrights Reserved.